IoTの勉強/学習方法

【評判・口コミ】IoTを学べるプログラミングスクール「モノクロスアイティ(Monoxit)」

Monoxit(モノクロスアイティ)の基本情報

Monoxit(モノクロスアイティ)の特徴について整理します。

会社概要

会社概要は以下の通り。

  • 会社名:
  • 設立:
  • 代表取締役:
  • 事業内容:プログラミングスクールの運営
  • 会社住所:

Monoxit(モノクロスアイティ)で提供しているIoT関連の講座

Monoxit(モノクロスアイティ)が提供しているIoT関連の講座は以下の通り。

IoTスターターズ

IoTスターターズでは、あらかじめ決められたカリキュラムと教材で、IoTの基礎から実践的なテクニックまでを学習します。この講座はMONOxITのハンズオンセミナー、「社会人のための IoT 」入門と実践をもとに、内容をより充実させたコースです。

センサーとアクチュエーター

IoTスターターズを受講された方のためのフォローアップコースです。IoTの重要な要素のひとつ、「センシングとアクチュエーション」にフォーカスをあて、広く使われているI2C通信方式をはじめ代表的な接続方法でセンサーをIoTマイコンに接続。さらに、アクチュエーターのひとつであるサーボモーターをMQTTを使って制御することでアクチュエーションにも触れます。

IoTリモコン

このコースでは、ホームオートメーションに応用可能な赤外線リモコンWiFi Webサーバーのプロトタイプをゼロから作り、Webブラウザや、ネットを介した家電製品の操作方法を習得します。

IoTスマートホーム

このコースではOpenHAB 2でホームオートメーションサーバーを構築し、IoTマイコンを使用した自作IoT機器のセンサー値を表示させたり、スマホやパソコンから自作IoT機器を制御することで、OpenHAB 2の基本的な使い方を習得します。「IoTリモコン」コースを受講された方は、「IoTスマートホーム」コースをあわせて受講することで、自作の赤外線リモコンWebサーバーを介してOpenHAB 2から家電を操作することができるようになります。

AIを使ったリアルタイム物体検知

USBカメラを接続したRaspberry Piで人工知能(AI)を動かし、リアルタイム物体検知とネット通知をするAIとIoTの入門コースです。ディープラーニングからIoTへの応用までの一連のハンズオンを通して、AIの構成要素を効率よく理解します。