IoTエンジニア

【IoTエンジニア向け】情報処理安全確保支援士試験とは

情報処理安全確保支援士試験の概要

情報処理安全確保支援士は、通称「登録セキスペ(登録情報セキュリティスペシャリスト)」と呼ばれる国家資格で、サイバーセキュリティに関する実践的な知識・技能を有する専門人材として登録された人材を指します。認定が開始されたのが2016年10月ということで、他の情報処理関連の資格と比べると、まだあまり知られていないように思いますが、今後、要注目の資格です。