IoTエンジニア

【エンジニア向け資格】IoT検定とは

IoT検定の概要

目的

IoT検定の出題範囲

戦略とマネジメント

  • 企画推進・戦略立案のための基礎知識
  • プロジェクトマネジメントに関する知識
  • 人材育成と企業間連携に関する知識

産業システムと標準化

  • 産業システム・スマート製品に関する知識
  • 世界各国におけるIoT推進プロジェクトに関する知識
  • IoT関連の標準化に関する知識

法律

  • 通信関連の法律に関する知識
  • 製品の製造および使用に関連する法律に関する知識
  • オープンソースのライセンスおよび知的財産に関する知識

ネットワーク

  • データ送信プロトコルに関する知識
  • WAN(広域エリアネットワーク)に関する知識
  • LANおよびPAN(Personal Area Network)に関する知識

IoTデバイス

  • 小型制御装置に関する知識
  • 電子工学に関する知識
  • センサ技術に関する知識
  • IoTにおけるスマートフォン活用に関する知識

IoTプラットフォーム

  • クラウド環境利用に関する知識
  • 分散処理システム利用に関する知識

データ分析

  • データベースに関する知識
  • 機械学習および人工知能に関する知識

セキュリティ暗号化に関する知識

  • 攻撃対策に関する知識
  • 認証技術に関する知識
  • システムの監視・運用に関する知識

IoT検定の種類

レベル1

レベル2

    レベル3

    IoT検定の料金

    10,800円

    公式テキスト

    IoT技術テキスト(中級対応)

    IoT技術テキスト(基礎編)

    サンプル問題

    中級

    基礎