【IoTスタートアップ】Strobo(ストロボ)の特徴を整理

Strobo(ストロボ)の基本情報

Strobo(ストロボ)の基本情報は以下の通り。

会社概要

会社概要は以下の通り。

  • 商号:株式会社Strobo(英文:Strobo Inc.)
  • 設立:2014年11月
  • 事業内容: IoT製品開発・スマートフォンアプリの企画、開発
  • 代表取締役:業天亮人
  • 所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-3 明和本郷ビル5階

経営陣

代表取締役CEOを務める業天 亮人(ぎょうてん あきと)氏の経歴ですが、

業天 亮人(ぎょうてん あきと)氏のプロフィール

東京大学工学部精密工学科卒業。
大学在学中のインターネット家電メーカーの起業、WEBシステム・iOS/Androidアプリ開発のフリーランスエンジニアを経て当社を創業。
2010年のネット家電メーカーの創業以来、モノとインターネットをつなげるテクノロジーで生活を革新することに情熱を燃やしています。
戦後間もない頃に町工場としてスタートしたSONYが、電化製品により人々の生活や文化を一新し、 多くの世界中の若者からの尊敬を集めるブランドまでに成長した歴史に魅了されています。
かつてSONYがしたように、多くのIoT製品を開発し、それらで世界中の人々が魅了されるライフスタイルを発明することが私の夢です。

となっています。

株主

Strobo(ストロボ)の株主は以下の通り。

  • 調査中

Strobo(ストロボ)が提供するサービス

Strobo(ストロボ)が提供するサービスについては、以下の通り。

Roomio

Roomio(ルーミオ)は、管理会社がスマートホームセキュリティおよび入居者様と管理会社様のコミュニケーション機能(チャットお問い合わせ・お知らせ配信)を備えた入居者向けアプリを提供できる管理会社向けのサービスです。利用継続率の高いホームセキュリティアプリを入居者様と管理会社様の接点とすることで、物件の価値向上・入居者対応業務の効率化を実現します。

leafee

leafeeはスマートフォンと連動する開閉センサー「leafee mag」を使ったホームセキュリティサービスです。

cuxino

cuxino(クッシーノ)は働く姿勢の矯正をサポートし、デスクワークを快適にするスマートクッションです。

mikazuki

mikazuki(ミカヅキ)は眠りの見える化、快適な目覚めを実現するスマートフォン連動ベッドです。

Strobo(ストロボ)の評判

調査中

個人的な見解・考察

代表取締役の業天氏は、フォーブス誌により、30 Under 30 ASIA (アジアを代表する30才未満の30人)に選出されており、今後、要注目の起業家と言えそうです。